捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
TNR再開
2017-08-05 (土) | 編集 |
しばらく中断していたTNRを再開しました。

再開TNR P1120784
にゃんこも知らない家でケージに入れられてストレスで大変でしょう
TNR係も、2~3泊の間ご飯食べてくれないにゃんこにハラハラしたり
ワイルドなにゃんこに洗濯ネットをかぶせる時は決死の覚悟だったり
楽ではありません

わんこやにゃんこを捨てる人たちは、そのためにたくさんの人たちがこういう苦労をしていることを知ってほしいです。
お金だってかかっています。

さ~て
明日はわんにゃん譲渡会8月度です。
11~14時、市役所玄関前です。
たくさんの方々のご来場ともらってくださるのをお待ちしております。

スポンサーサイト
猫さんの指定席
2016-09-29 (木) | 編集 |
*kum*

わが家前の公園には、様々な人や動物たちがやって来ます。

中には、いつも同じ場所に座ってくつろぐ猫さんが~

指定席猫c DSC09003
秋めいてきた日ざしの木陰、指定席でリラックスする猫さん

眠り猫d DSC09004
いつも昼寝しにやってくる猫さんです

あくび猫b DSC09000
あくび~

のび~る猫a DSC09001
伸び~

この日、台風前のある日は、晴天、気温30℃、湿度65%と気持ちのよい気候でした。
猫さんも、とってもくつろいでました。
この場所はわが家のちょうど正面にあって、絶好の撮影ポイントです。

公園にはいろんなアニマルさんたちがやって来るので、退屈しません。

郵便局のにゃんこ
2016-02-13 (土) | 編集 |
*ayapani*


先日、郵便局の前を通ったときのこと。

DSC03243 - ねこ

赤瓦屋根の上には立派なシーサー

DSC03238 - ねこ

して、その左斜め下には…

DSC03235-e - ねこ

黒白猫さんがくつろいでおりました

あの後ちゃんと屋根から降りられたかしら~、と気になり見に行ったらば
もう姿は見えませんでした。






看板ねこさん
2015-12-05 (土) | 編集 |
*ayapani*


いつもお世話になっている動物病院では

DSC01467 - 看板猫

おむつをしているねこさんが、時々お出迎えしてくれるんです

DSC01469 - 看板猫

棚の上を器用に歩いて、いたずらもせず、とってもおりこうさん


ブルーアイがとってもきれいな、看板ねこさんでした






街中の茶白猫さん
2015-11-19 (木) | 編集 |
*ayapani*


ある日のこと
街中にてかわいらしい茶白猫さんと遭遇

DSC04725 - 街猫

こんにちは

DSC04727 - 街猫

『 だれでしゅか? 』

DSC04060 - 茶白

『 しらないにんげんでしゅね、プイッ 』

DSC04061 - 茶白

そのまま行ってしまいました。

どこかで飼われているのか誰かにご飯をもらっているのか
ちょうどよい肉付きの猫さん、
右目の目やにがちょっと気になったけど…
どうか元気に生きていってね。





イリオモテヤマネコ シンポジウム
2015-07-03 (金) | 編集 |
*ayapani*

★ うちのパソコンがリコール対象になっていることがわかり、急遽修理に出しました。
  なのでブログの更新は予約投稿にしますが、コメントのお返事等滞りご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、どうぞご了承ください。
  


イリオモテヤマネコ発見50年を記念するシンポジウム「奇跡の命どう守る」(主催・イリオモテヤマネコ発見50年記念事業実行委員会)が6月28日午後、石垣市民会館中ホールで開かれ行ってみました。

イリオモテヤマネコは竹富町西表島のみに生息し、国の特別天然記念物に指定されています。

DSC07503 - ヤマネコ

ヤマネコに詳しい琉球大学理学部の伊澤雅子教授が基調講演し、ヤマネコの保全について「交通事故が今大きな問題となっている」と課題を挙げ、注意喚起の対策強化を訴え、さらに山の中に入る観光客が増えているとして「山地部で問題が起こる可能性がある」と指摘し「今後は観光が大きな課題になる。対策を考えないといけない」と提起しました。

DSC07510 - ヤマネコ

イリオモテヤマネコとの共存や今後50年について語るパネル討論では、伊澤教授や奄美動物病院獣医師の伊藤圭子氏、環境省那覇自然環境事務所の前野生生物課長の阪口法明氏、認定NPO法人トラ・ゾウ保護基金の戸川久美理事長、やまねこパトロール員の村田美樹さんらが参加し、

DSC07509 - ヤマネコ

それぞれの取り組みや意見を、写真や動画も取り入れながら発表されました。

今日意味深かったのは、やまねこパトロール員村田氏の報告。
『 夜間、道路を走行する車のスピードを測定しデータ化した結果、2014年度データで50㌔以上の速度で走行する車はレンタカーの15%に対し、地元の人が運転する車が27%と多い 』

そして、奄美動物病院獣医師伊藤氏の報告。
『 アマミノクロウサギの被害状況について、15年はすでに19件の死体が回収され、14年度の73件を上回る恐れがあり、主な要因の一つに交通事故も含まれていると述べ、その中にはハブ捕りの人々の速度超過が問題視され、西表同様、速度を抑えることへの地域理解が課題 』

いずれも地域住民の運転マナーの悪さが課題、と指摘しておられました

DSC07581 - ヤマネコ

会場でいただいたパンフレットと、翌日の朝刊。

DSC07599 - ヤマネコ

地元2紙ともに1面トップに大きく取りあげられていました。


西表島のあちこちには、ヤマネコを守るための大きな看板がたくさん設置され
道路下にはアンダーパスも整備されていますが
何よりも車の運転をする方々が少しでも意識して、ゆっくりと走っていただけたら…
と、祈るばかりです。






わんにゃん虐待
2014-09-05 (金) | 編集 |
*kum*

わんこやにゃんこ、その他動物たちと一緒に暮らしたり関わったりしてる人たちに衝撃が走ったのは8月でした。
7月末に埼玉県で盲導犬が何者かに刃物で刺され、訓練によって声を出さなかったため飼い主の全盲男性は犬が刺されたことに気づきませんでした。知人に犬が血を流していることを指摘されて初めて知ったのだそうです。
この事件は全国に報道され、犯人を捕まえてほしいという声が高まっています。
悪質な事件のため警察も捜査を始め、犯人に結びつく目撃情報もあるらしいですが現在のところ犯人は捕まっていません。

一方で石垣島でも衝撃的な事件が~。

DSC00104 - 830新聞記事
八重山毎日新聞 8月30日

DSC00433 - 901新聞記事
八重山日報 9月1日

DSC00453 - 904新聞記事
八重山毎日新聞 9月4日

DSCF8532 サザゲ看板
サザンゲート猫島ににゃんこを捨てること自体が虐待です
過去にはにゃんこの毒殺他、ひどい虐待もありました

サザゲ猫
にゃんこたちが何にも気にしないで生きていけるような世の中であってほしいです

虐待というのは、ほとんどの場合、自分より弱い立場の人や動物に対して行われます。
つまり対等な人間関係を築けない人が自分よりも弱いものに不満や怒りのはけ口を求めるんでしょうね。
だとすれば、私たちが動物たちに対する虐待を防止する方法はごく限られているのかもしれません。
でも、しっぽの会が発足して猫島のにゃんこたちに避妊・去勢手術を施し、わんこ・にゃんこ譲渡会を開くなどしてきた結果、島のわんにゃんに対する空気は間違いなく変わりつつあります。
小動物たちに対する虐待をなくす即効薬はありませんが、今までの運動を進めていくことが道の一つだと思って、これからもがんばりたいと思います。
以上はkumの個人的見解です。




スーパーマーケットの親子にゃんず
2014-06-27 (金) | 編集 |
*ayapani*

市内のスーパーマーケット裏で子育てちうの黒母猫

DSC08593 - 母猫

珍しく段ボールハウスの外でくつろいでおりました

DSC08559 - 猫ハウス

雨模様が続いていましたが、段ボールハウスには大きなビニールがかぶせられ
雨が凌げるようになっており、フードやお水もちゃんと置かれています。
お世話係さん、どうもありがとうございます 
(以前わたしが作った猫ハウスは、雨に濡れボロボロになり、捨てられてしまったそうです…)
そのときのこと

DSC08595 - 子猫

お母さんがいない隙に、と子猫たちの様子を確認!
4にゃん、元気にしているようです。

DSC08597 - 子猫

キトンブルーのきれいなお目々

DSC08599 - 子猫

右の子はサビ柄? 
左のキジトラの子は目が目やにでふさがっていたので、お水で洗い流し開いてあげました。

DSC08604 - 親子

慌てて戻ってきたお母さん!
イカミミで思いっきり怒られたー ごめんごめん


また別のある日…

DSC09019 - 母猫

母猫は猫ハウスの近くでくつろいでいました。
写真ではわかりづらいですが、ゴツゴツといびつな体型をしていて産後の苦労がうかがえます。

DSC09018 - 猫ハウス

猫ハウスはさらに改良?を重ねられ、雨風や人の視線を避けられるような工夫がされていました。
キャットフードもたっぷり!

DSC09021 - 母猫

子猫の様子を見ようと猫ハウスに近づいたら、母猫に思いっきりシャーされちゃいました

お母さん、真剣に子育てがんばってますよ~



 

スーパーマーケットの親子にゃんず
2014-06-05 (木) | 編集 |
*ayapani*

先日お伝えした、スーパーマーケット裏で子育て中の黒猫お母さん  そのこと

もう少し温かいお家があったらな~、と思い立ち…
段ボール箱を二つ組み合わせて、簡単なお家を作ってみました。

スーパーの従業員さんに許可をいただき、親子にゃんずがいる箱の横に設置。

DSCF9157 - ダンボールハウス

向かって左側の箱… ほんのちょっと広くなって、タオルも敷いてみました。
(たいして変わらないか

親子にゃんずは右の箱の中。
ピンクのお皿には、きれいなお水とキャットフードがありました。
スーパーの皆さんに可愛がってもらっているのかな?

DSCF9158 - 親子

ちょっと失礼! お母さんにシャーされちゃった

DSCF9159 - 親子

3匹かと思っていたら、赤ちゃん猫は4匹いましたよ。

お母さんの側で安心しきってくつろいでいます。

よかったら新しいお家も使ってみてね


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


後日改めて猫ハウスを見に出かけてみましたら…

DSCF9577 -猫ハウス

新猫ハウスの中はからっぽ。
旧猫ハウスの前には、目隠しのように段ボールで覆っていて見えませんでしたが
どうやら猫さんズは旧ハウスがお気に入りのよう…  残念 

ただ、たくさんのスーパー従業員さんが優しく見守ってくださっており
なんだかとっても温かい気持ちになりました 



 

野良にゃんこの出産
2014-05-31 (土) | 編集 |
*ayapani*

先日、石垣市内にある大きなスーパーマーケットの店長さんから
「スーパーの倉庫付近で野良猫が出産し、母猫が倉庫に入ってきて困っている」
と、ご相談がありました。

DSC08052 - スーパー

スーパー裏の倉庫出入り口。

DSC08054 - スーパーのコピー

出入り口の側に置かれた大きな荷台の下で出産したそうです。

DSC07742 - 赤ちゃん

暗くてわかりづらいですが、覗いてみたら生まれたばかりの子猫が数匹いました

店長さんへ、母猫は出産すると引越しを繰り返すので、じきに子猫を連れてこの場を離れるだろう、と説明し、それまでの間温かく見守ってほしい、とお願いしました。
また、出入り口のドアが開けっぱなしになっていたので、出入りの都度に閉めて母猫が入らないように人間側で注意してほしいことも付け加えてお願いしました。

そして数日後…

DSC08048 - 親子

スーパー建物の裏の空き地におかれた段ボール箱の中に…

DSC08049 - 親子

黒い母猫と3匹?の赤ちゃん猫がいました。

倉庫の出入り口から離れた場所へお引っ越しをしたようで
どなたか心優しい方が段ボール箱を置いてくれたようです。

たくましく育ってくれますように…