捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
東京たそがれ空と橋
2018-07-22 (日) | 編集 |
今回の東京旅行は、いつもに増して急ぎ旅でしたので、撮った写真らしい写真といったら先日載せたたそがれ東京港くらいです。
けど、急ぎ旅の合間にちょい撮りしたスナップもご覧ください。

春海橋梁-a DSC01733
以前、石垣島で見たテレビがこの橋を紹介してまして、ずっと撮りたいと思ってました。(廃墟マニアなんです。)
今回やっと見つけて撮れました。
名前は春海橋梁、東京港湾局専用鉄道の廃橋だそうです。
高層ビルに囲まれた、錆びた鉄橋が廃墟マニア好みじゃないかな?
橋までは近づけないので、人が来ませんからカラスさんが遊んでいました。

春海橋梁-b DSC01736
バックは建設中の高層ビル。
右の橋は晴海通りが渡る春海橋。
昼間ですけど錆びた橋がたそがれてます。
橋に近づけないので、次はドローン持ってって撮ろうかな。(持ってないから、買わなくちゃ…)

最近の石垣島は特に夕陽が赤くならなくて。
東京の夕焼けの方がすごいですよ。

春海橋梁-c DSC01687
成田空港から東京都心へ向かうバスから見た夕焼け。

春海橋梁-d DSC01696
東京と石垣島を往復してる方がいて、東京のビル街の夕焼けをフェイスブックに載せていました。
ビル街の夕焼けもいいですね。

なぜか、たそがれた写真ばかりになってしまいました。

スポンサーサイト
初バニラ!
2018-07-21 (土) | 編集 |
東京に忘れたカメラが昨夕、長旅の末に届きまして。
その中に入っていたバニラ・エアの写真を、ayaさんの写真とともに見てください。

バニラ-e DSC02443
今回は、7月に石垣島に就航したばかりのLCC、バニラ・エアにて往復しました。
石垣島-東京路線のLCCは、現在バニラのみです。
機種はLCCの定番、エアバスA320。
(前にスカイマークが就航してましたが現在は撤収してまして。)

バニラ-b DSC01663
LCC機は広い広い成田空港のあちこちに三々五々駐機してるので、ターミナルビル間の連絡はバスになります。

バニラ-d DSC01676
LCC専用の第3ターミナルビル内のバニラ・チェックイン・カウンター、黄色がトレードマークでわかりやすい。
板で囲っただけの超チープブース内にカウンターと荷物ベルトコンベアーがあるだけ。

バニラ-c DSC01674
フードコート、4月に行った関西国際空港の何倍かの広さがあります。
天井は鉄骨や配管むき出しのLCC仕様。

バニラ-f DSC01698
成田空港から都心までのバスから見た東京の夕焼け。
白い花のようなイルミネーションは葛西臨海公園の大観覧車です。

帰途はkumは都心から空港までバス、ayaさんは電車(京成スカイライナー)でした。
電車の場合は駅から空港第2ターミナルまで15分、第2ターミナルからLCC第3ターミナルまで15分のウォーキング。

バニラ-a DSC01056
2⇒3ターミナル間通路、あと何メートルとか床に書いてあるそうです。

バニラ-h DSC01095
空から見た空、上が真っ暗なのが宇宙空間みたい。

バニラ-j DSC02483
石垣島です。

バニラ-i DSC01158
サンゴ礁に寄せる波。

以前、石垣島-東京間に就航していたLCCスカイマークは羽田空港でしたが、今回唯一のLCCになったバニラは成田なので都心からのアクセスがちょっと大変です。でも、その分安いらしいので、仕方ないかな。
また東京へ行く機会があったら関空の時のように成田前泊も検討してみたいです。

バニラ-g DSC02527
昨夕、東京に置き忘れたカメラが届きまして。
最短3日で届くところ、何と6日もかかりました。遅配の理由は不明です。
ていねいに梱包してあったので、何の問題もなく使えました。長旅お疲れさま!

夕闇の東京港にて
2018-07-16 (月) | 編集 |
用事があってちょっと出かけてまして昨夕、帰りました

急ぎ旅でして、あんまりあわてたんで(ほんとは歳で )大事なカメラを忘れてきて しまいまして。
以下、サブのコンパクト・デジカメにて(そこはぬかりなく)撮った旅のスナップ・ショットです。

東京bay-d,7-14,19-25 DSC02430
夕闇せまるレインボーブリッジ。
右端に東京湾クルーズらしい中型客船が出港します。
左端に見える人影は釣り人です。

東京bay-c,7-14,19-22 DSC02424
竹芝桟橋を出港する東京湾納涼クルーズの大型客船。
けっこう人が乗ってました。

東京bay-a,7-14,19-06 DSC02418
かちどき橋をくぐる屋形船。

東京bayPNRM-7-14,19-21 DSC02422
左からレンボーブリッジ⇒芝浦ふ頭⇒日の出桟橋⇒竹芝桟橋、見えないけれど右は浜離宮。

東京bay-e,7-14,19-26 DSC02432
このあたりは屋形船がひっきりなしに行き交ってにぎやかです。
どの船も人が乗ってて、よくもこれだけの人がいるものだとびっくり。

kumも元は東京住人でしたが、長い間石垣島に住んでいると東京は別世界でした。

ド忘れしたカメラですが、そのうち届くはずです。

東京小平市の地域祭り
2018-05-07 (月) | 編集 |
ayaさんの東京お土産写真の中から、小平市のお祭りを写真でご紹介。

小神祭-b DSC00659
夜の祭りです。
もうすぐ始まるたそがれ時。

小神祭-d DSC00679
なつかしい風景。

小神祭-c DSC00673
たぶん、奉納を表す提灯、すごい数。

小神祭-a DSC00758
小平神明宮です。

小神祭-f DSC00739
お神輿と大太鼓に礼。

小神祭-e DSC00636
一番山車が出発します。

小神祭-n DSC00772
夜の祭りなので山車はあんどん型。

小神祭-m DSC00771
あんどん型のお神輿。

小神祭-h DSC00765
お囃子の山車。

小神祭-g DSC00694
沿道には見物の人々。

小神祭-l DSC00713
担いでいるのはお神輿じゃなくて山車の引き綱。
「一睦」の数字はたぶん班とか地域を表してるらしいです。

小神祭-k DSC00715
他の班(?)との差を出すためか、ユニークな山車が多いです。

小神祭-j DSC00749
神社の境内で夜店がにぎやかでした。

小神祭-i DSC00737
花笠がここのシンボルなのかな?

東京に50以上ある地域の祭りの一つでした。

ほんとうは、今日はしっぽの会わんにゃん譲渡会の日なんですがつんだら家はお休みをいただいてます。(6日)
皆さまよろしくお願いします。

昨6日は、設定ミスで本記事がフェイズブックに反映されませんでした。
大変失礼しました。

東京の伏見稲荷
2018-05-03 (木) | 編集 |
連休も後半。天気は
12時現在、室温26℃、寒い

ayaさんがまた東京へ行きまして、お土産写真がたくさん。
その中でご紹介は東京の東伏見稲荷さん。
先ごろご紹介した京都の伏見稲荷大社の「ご分祀」だそうです。
場所は西武新宿線東伏見駅徒歩7分。

東伏見-a DSC00577
京都の大社門のスケールダウン。

東伏見-c DSC00582
鳥居の大きさもスケールダウンです。

東伏見-b DSC00580
京都の鳥居をダイエットしたよう。

東伏見-d DSC00583
境内あちこちに奉納された小さなお宮も同じ。
こちらはどれも比較的新しいです。

東伏見-e DSC00587
こちらのお狐さまはお顔が恐く感じます。

一つ、京都とぜ~んぜん!違うのは観光客がおらんことでした。
ayaさんもゆ~っくり散策し写真を撮れたようです。

旅はLCC
2018-04-13 (金) | 編集 |
京都からの帰りもLCCなので、飛行機の出発時間が朝の7:45。
京都市内から朝7時前到着はしんどいので、関西国際空港内のカプセルホテル前泊。

格安-b DSC01565
フロアは男女別、二人部屋はなし、各室テレビ付です。
浴室・シャワー・洗面・トイレはワンフロア下にあり、筋肉痛のkumは何回か階段昇り降りがしんどかった。
でも最低限必要なものはそろっていますし、よけいなものがない分、これはこれで快適でした。

格安-d DSC01568
朝食はチェックインを済ませて空港内カフェでモーニングセット。

格安-b DSC00264
第2ターミナル搭乗口。
電光表示も必要最低限しかない。
行く先も紙に書いて貼ってあるだけ。
画面中央、黄色の円の中に「新石垣」と書いてあります。

格安-c DSC00272
来た時と同じく、100mほど歩いて搭乗。
この日は快晴で気分よかった。
機種はエアバスA320-200に統一して整備費や交換部品代を節約。
タラップ上部の小屋みたいな造りがいかにも手造り風。

格安-e DSC00280
機体洗浄もコストカットで窓外側が汚れていました。
カメラのピントが窓ガラスの汚れに合ってしまい、遠くがピンボケ!窓から撮ったカットの過半数がこんなでした。

格安-a DSC00305
石垣空港はLCC用ターミナルビルがまだこれからで、JALやANAと同じボーディングブリッジを使ってます。

たくさんのコストカットによって安い運賃を実現しているLCCは、ほんとにありがたい存在です。
障害者や社会的弱者にとってはやや使いにくい面もありますが。

懇親会-a DSC01482
今回の京都旅行のメインの一つ、一日め夜の懇親会。
50年ぶりくらいに会う、かつてのろう学校クラスメート(右)は髪が真っ白。
kum(左)は顔のシワとシミは紫外線のたまもの。

懇親会-b DSC09963
宿泊とシンポジウム会場。
2日めのシンポジウムでも50年前の集会に参加した、今やおじ~おば~が集いました。

もう、会えないかもしれない人たちに会えてよかったです。

伏見稲荷から石峰寺へ、十二段家でお昼
2018-04-12 (木) | 編集 |
ayaさんが京都で見たかったのが桜、行きたかったのが伏見稲荷神社。
桜は満喫したので、3日めは伏見稲荷に行きました。

伏見稲荷-a DSC00200
ここもすごい人人人…

伏見稲荷-b DSC00281
千本鳥居と言ってますが人の数の方が多い。

伏見稲荷-c DSC00154
結構な昇り階段。

伏見稲荷-d DSC00150
昇りがあれば下りがある。


伏見稲荷-f DSC00180
鳥居は個人や企業が奉納したものです。
同様に境内には奉納された小さなお宮が無数にあります。
「多すぎてどれを拝んだらええのかわからへん。」という声が聞こえてきたそうです。

伏見稲荷-h DSC00334
鳥居の奉納料金表です。
お値段はわかりますが大きさがわからへん…。

伏見稲荷-e DSC00296
木立の中にびっしりと並ぶ鳥居さんたち。

DSC00276 - コピー
境内あちこちにいらっしゃるお狐さん。
この方がくわえているのは「鍵」らしいです。何の鍵かはわかりません。

伏見稲荷さんから徒歩10分、やって来たのは石峰寺。

石峰寺-a DSC00390
ひっそりとしております。

石峰寺-b DSC00221
江戸時代の画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)のお墓でございます。
kumがファンでして、伏見稲荷さんからすぐというのでやって来ました。

けど、お目当ての若冲デザインという五百羅漢は撮影禁止…。

石峰寺-c DSC01596
これはお寺のパンフレットでございます。

ayaさん京都で見たい、行きたいの次は「食べたい」、十二段家の厚焼き玉子定食!

十二段家-a DSC00412
やって来ました。何度めかな?

十二段家-b DSC01558
お茶漬け定食です。
左がお目当ての厚焼き玉子。
真ん中のお皿がご飯に載っけるトッピング。
おひつの中のご飯は一人分で2~3人分入ってましたが、二人とも完食

お茶漬けがこんなにご飯が進むとは知りませんでした。

島で仕事が超多忙なayaさん、くせでスタスタ早歩き、kumはついて歩くのが精一杯。
その上伏見稲荷さんのアップダウンでダウン、足が筋肉痛になりました。

仁和寺の桜
2018-04-11 (水) | 編集 |
7日午後は、ayaさんが桜を見るために電車で仁和寺にやって来ました。

仁和寺原谷苑-a DSC09996
門前はすでに人がいっぱい。

仁和寺原谷苑-b DSC00212
中はさらにいっぱい。チケットは行列でした。
写真で見ると外国人旅行者と日本人と両方いるようです。

仁和寺原谷苑-c DSC00186
名画を見るようです。
庭や木々は計算されつくして作られているんでしょうね。

仁和寺原谷苑-h DSC00254
様々な色の桜。
バックの板葺きの屋根がいいです。

仁和寺原谷苑-e DSC00241
この桜は枝が曲がりくねってます。

仁和寺原谷苑-i DSC00215
こんなにきれいな色の花というのが信じられないです。

仁和寺原谷苑-j DSC00196
あまりきれいなので夫婦で記念写真を撮りました。

仁和寺原谷苑-f DSC00163
絵も桜です。
創建当初から桜に力を入れて作ったんでしょう。

仁和寺原谷苑-d DSC00220
緑色と桃色の対比がいいです。

仁和寺原谷苑-k DSC09986
近くのお店も人でいっぱい。
これは外国人旅行者のようです。

仁和寺から徒歩30~40分の原谷苑の桜も見に行きました。
ここの桜も見事でした。

仁和寺原谷苑-l DSC00238
気温14~15℃と寒くて甘酒を飲みました。久しぶり!(原谷苑)

仁和寺-y DSC01541
寒いはずです、帰りに駅で電車を待っていたらヒョウが降って来ましたよ!

人人人…花、京都
2018-04-10 (火) | 編集 |
久しぶりの京都は、ここは天国かな?と錯覚するほどきれいでした。

一方で人人人…東京でもこんな人ばかりの情景は見たことがありません。
その人とは、外国からのお客さん。

7日、シンポジウムが始まる時間前に、嵯峨にある宿近くの竹林の小路と野宮神社と天龍寺を散策。

竹林-h DSC09853
竹林といえば静寂。

竹林天龍寺-x DSC09872
そうでもなかった…。
朝8時45分、外国の方々も勤勉です。考えることは同じ。

竹林天龍寺-i DSC09941
たぶん、話し声もあるんでしょうね。

竹林-a DSC00022
普通の竹林も、京都だときれいに見えます。

竹林-c DSC00046
タケノコです。

竹林天龍寺-q DSC09859
竹林に隣接する野宮神社。

竹林天龍寺-y DSC09897
天龍寺の庭。 

竹林-d DSC00052
境内は、すばらしい花園でした。

竹林-f DSC00071
こんな色があるとは信じられない。

竹林-g DSC00092
散った花びら。

竹林-b DSC00044
なんだか、この世のものとは思えない。
苔もきれいです。

竹林天龍寺-z DSC09907
百色繚乱。

竹林-j DSC09877
ここでは、黄緑もいっそうきれいに見えます。

竹林-n DSC09913
色の対比のすばらしさ。
天国に来たかと錯覚してしまいそう。

竹林-o DSC09915
手で雑草を一本一本抜いてます。
すばらしい庭園は、こうして維持されてるんですね。

空いた時間を利用して来たつもりが、予想と全然違う結果になって、茫然としてしまいました。

本日、帰島しました
2018-04-09 (月) | 編集 |
ただ今
本日、帰島しました。
6日から3泊4日の京都旅行でした。
にゃんこのお世話を頼める人がなかなかいなくて夫婦で旅行はほとんどできなかったので、久々の旅行でした。

以下、何回かに分けてご報告したいと思います。

京都-a DSC09791
6日、石垣空港で出発前、虚像と実像、3機ならんだ旅客機。
手前の実像はANA機、
真ん中赤いまだら模様(虚像)はJALのジンベエジェット、
左一番奥の実像がこれから乗るLCC(格安航空)のピーチ機。

京都-g DSC09796
ピーチ機の座席はビニール張り、塗装が剥げた部分もあり。
座席間隔は広くはないけどJALやANAと同じくらい。

京都-b DSC09814
飛行中はずっと雲のじゅうたん状。
下界は悪天候らしいです。

京都-c DSC09829
この日、関西国際空港(関空)は風速25mの暴風雨
LCCなんでボーディングブリッジもバスもなく、乗客は雨と風の中を100mほど歩く健康志向の歓迎。

京都-d DSC09830
たどり着いた第2 ターミナルビルの中は鉄骨むき出しの節約構造。
気温16℃。

京都-e DSC09833
ターミナルビル内のチープぶり。
贅沢さはないけれど嫌味はなくこれで格安料金なので、ありがたい存在です。

京都-f DSC09834
第 2 ターミナルビルから無料シャトルバスで5分ほども離れた第 1 ターミナルビル。
ジャンボジェット機が何機も入ってしまいそうな広さ。
ここは何のための空間ですか???

今回の京都旅行は、半分がkumのシンポジウム参加、半分がもう後がないかもしれないつんだら夫婦の観光旅行でした。
これから、途中わんにゃんたちの近況もはさみながら、旅行の報告をしていきたいと思います。
よろしくお願いします。