捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
雨の中の保護わんこ・ゆきちゃん
2013-12-10 (火) | 編集 |
*kum*

昨9日は朝から朝焼けも全然見えないような雨。
犬小屋に入らないゆきちゃんが心配になって見に行きましたら…

雨の木下のユキ
台風で葉がまばらになった木の下にいました

犬小屋にベニヤ板
犬小屋は嫌がるので間にベニヤ板を渡して軒を作ってみましたが
やはり嫌がって出てしまいます

草木捨て場にブルーシート
しばらくして行ってみるとまた草木の捨て場に潜りこんでいましたので
そこにブルーシートをかぶせました
右下にゆきをつないだチェーンが見えます

ガレージのユキ
木の下などにいるのはやっぱりぬれたくないんでしょうね
kumは気になって家事に専念できません
結局ガレージに移動

これでkumも安心して家事に専念できます。
先住わんこ・クリもやっぱりお家には入らず木の下で雨宿りしています。
島の人たちはなぜ犬小屋を用意しないんでしょうね?



 
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
濡れたくないけれど、ハウスは入ったことないしと、戸惑っているのでしょうか。でもガレージなら空間が外のように解放的ですね。
よかったv-238
犬小屋もあたえないなんて、陽射しや、台風をどうやってやり過ごしているのか、考えなしに飼っているのですね。今や、室内飼いが、里親会では、一応原則ですが。
ゆきちやん、やはり何か、さみしげですね。
2013/12/10(火) 16:09:25 | URL | アンナのママ #-[ 編集]
Re: アンナのママさんへ
コメントありがとうございます。返事が遅くなってすみません。

実は一昨日パソコンがトラブって、ブログは他のパソコンから遠隔操作で更新したのですが、コメントに対するお返事が遅くなりました。

ユキちゃんに犬小屋を使ってもらおうと、中にご飯を置くとちょっと食べてはさっと離れるなど、犬小屋を恐がってるようです。時間がかかりそうです。
犬小屋を与えない島人の台風対策ですが~離す!んだそうです。犬は自分で安全な場所を見つけて避難し、台風が去ると戻ってくるとか…!中には戻ってこない犬もいるようですが、それが島人の犬の飼い方なんだそうですよ。

しっぽの会が活動を始めて、島の猫に対する見方・考え方が変わってきたように感じます。
けど犬に対しては、手術して譲渡会に出したり内地の犬親希望の方に送り出すなど、活動が猫より目立っていませんので、あまり変化がないように感じています。
2013/12/13(金) 10:55:01 | URL | kum #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: