捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
さくら 虹の橋へ旅立ちました
2014-01-20 (月) | 編集 |
*ayapani*

本日3時10分 さくらは静かに息を引き取りました。

享年7歳でした。

さくらだっこ

3年ほど前に難治性口内炎と診断され、
冬季や夏季の病状が悪化する時期は病院通いの日々。

さくら口内炎

それでも皮下注射や点滴治療で持ち直すと、しばらくは普通にご飯を食べれるようになって
生活に支障もなく元気にしていたのですが…

DSC01790さくら

今回はその治療にも反応がなく、食事をまったく口にしなくなりました。

シリンジによる強制給餌や点滴を続け、延命する手段もありましたが
嫌がることを無理に続けることも、またつらいことです。

何とか自分から食べてくれるようにならないかと、
いろんな種類の柔らかいフードを買い集めたり、
温かく過ごせるよう洋服を買ってきたりしていましたが
もうさくらは、これ以上がんばれなくなっていました。


昨夕、外出先から帰宅すると
さくらは階段の途中でへたりこんでいました。
抱き上げると膝の上で尿失禁。
猫はものすごく体調が悪くても、這ってでもトイレまで行こうとするので
こんな場所で失禁してしまうということは、もう最期の時が近づいているサインです。

それからはどんどん体温が低くなり、ベッドの上でほとんど動かなくなりました。
夜7時頃大きな声で鳴いたので、
お皿のお水を近づけたら、やっとのことで立ち上がりペロペロと飲んでくれました。

その後ずっと添い寝しながら、こちらもうつらうつら
時々ガサッ、と聞こえると飛び起きて様子を見ていましたが
ほんとに静かに、静かに息をしていました。
3時頃、突然「カッ」と鳴きながら口を開き、数回間の長い呼吸をした後に息を引き取りました。


DSCF6877.jpg

保護したばかりの頃のさくら。
春に保護したので「さくら」と名づけました。

さくらアップ

ふっくらと元気いっぱいだった頃。


3年間、よくがんばってきたさくら。

もう痛いこともないから安心しておいしいもの食べて、安らかに眠ってくださいね。


7年間、そばに居てくれて本当にありがとう。


さくらのこと、ご心配くださったみなさま
残念な結果になってしまって申し訳ありませんでした。

温かい励ましを、本当にありがとうございました。




 
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
桜咲く前に散りましたが、手厚い看護受けて、幸せな最期でした。無理な治療も、考え物ですね。人も動物も。
どうぞ、おつかれを、とってくださいませ。  
2014/01/20(月) 14:13:51 | URL | アンナのママ #-[ 編集]
Re: アンナのママさんへ
ご心配くださり、ありがとうございます。
どこまで治療を続けるのか、その病状や年齢や環境などで
簡単に割り切ることはできません。
きっとこれからも悩むのだと思います…
2014/01/20(月) 20:04:08 | URL | ayapani #-[ 編集]
さくらちゃん、本当に頑張りましたね。
これからは、虹の国で楽しく幸せに暮らして下さい。たくさん美味しいご飯も食べてね!
2014/01/20(月) 20:39:48 | URL | Katz #-[ 編集]
Re: Katzさんへ
ありがとうございます。
今頃きっと、美味しいご飯を食べてると思います。
2014/01/21(火) 07:19:01 | URL | ayapani #-[ 編集]
さくらちゃん…陰ながら心配してました。

これからは美味しいものたくさんたべれるといいですね!!
別れはいつでもつらいものだと思います。。

あたたかいお二人といれてさくらちゃんは幸せだったと思います!
2014/01/21(火) 13:55:17 | URL | みつき #-[ 編集]
Re: みつきさんへ
みつきさん

いつも猫さんたちのことを心配してくださり
ありがとうございます。
まるこちゃんのお友達が増えちゃったね…
2014/01/21(火) 19:20:38 | URL | ayapani #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: