捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
狂犬病について
2014-03-19 (水) | 編集 |
*ayapani*

3月7日~13日の間開催した「同伴避難」写真展の際、
八重山福祉保健所、環境省石垣自然保護官事務所より関連資料を提供していただきました。

DSCF5366 パンフレット

ペットの飼い主や、これからペットを飼う方への啓蒙パンフレッが並ぶ中…

DSCF5522 狂犬病

狂犬病に関するパネルも展示されました。

日本で狂犬病の犬が最後に確認されたのは1956年
以降狂犬病清浄国として維持されており、今の日本に狂犬病はありません。

P3080148 狂犬病

しかし昨年、お隣台湾で狂犬病が発生したのです。
(石垣島から東京へは約2000km 那覇は410km 台湾はたったの270km!

DSCF5524 狂犬病

上の地図のように、日本の周辺国を含めアメリカにもヨーロッパにも
世界中で狂犬病は蔓延しており、毎年3~5万人もの人が狂犬病で命を落としています。
狂犬病がないと認められているのは、日本を含め世界でわずか12の国と地域です。
もちろん検疫も強化されているはずですが、
いつどこから狂犬病ウイルスが侵入してきてもおかしくないのです。

DSCF5525 - 狂犬病

感染拡大を防ぐためには、狂犬病予防注射をきちんと受けることですが
残念ながら八重山管内では50%にも届かない低接種率…

狂犬病はすべての哺乳類に感染し、発症すればほぼ100%の確率で死に至ります。

ところで「猫は予防接種しなくていいの?」という疑問もわきますが
現在狂犬病が発生している国の報告によると
犬からの感染は95%以上だが、猫からの感染はわずか2%、だそうです。

生後91日以上の飼い犬には、生涯一度の登録と、年1回の狂犬病予防接種がの義務づけられています。
まだ受けていないわんちゃんには、ぜひ受けさせてください



 
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: