FC2ブログ
捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
生き埋めになっていた子犬たち
2014-04-19 (土) | 編集 |
*ayapani*

友人より 「 産まれたばかりの5匹の子犬を保護しちゃった…」 と相談があり、
お宅へ出向きお話を伺ってきました。


浜下りにあたる4月2日、
海で遊び帰路の途中、なにやらミ~ミ~聞こえたので見渡してみると
砂浜に段ボール箱が伏せて置かれていたそうです。

DSCF7112 - 5子犬

その箱を取ると、白砂にまあるく白黒の模様が二つ。
あわてて砂を掘ると、小さな小さな2匹の子犬が出てきたそう。
まだミ~ミ~と聞こえるので、もっと砂を掘ってみたら、その下にさらに3匹の子犬が
合計5匹の子犬が生き埋めになっていたのです!

もし見つける時間がもう少し遅かったら…

あまりのできごとに体が震え、言葉を失ってしまいました…

DSCF7115 - 子わんこ

必死で砂を掘り起こして子犬を助け出し、動物病院へ急ぎ連れて行ってくれました。
まだ目も開いておらず、産まれた直後の子犬だそう。
幸い埋められてすぐに発見されたので、命が助かったのです。

DSCF7140 - 子犬

体温が下がり衰弱していたので、獣医さんより飼育方法を丁寧に教えてもらい
そのまま連れて帰り、子犬の子育てが始まりました。

DSCF7142 - 子犬

友人は、犬の飼育経験がまったくないけれど
どうにも救わざるを得ない状況に遭遇してしまい、きっとこれも運命なんだ…と、
とにかく子犬を助けだし、そしてすべての子犬がが幸せに暮らせるようになるまで
がんばってお世話することを決意したそうです

DSCF7121 - 5子犬

ホルスタインみたいな柄
スイスハウンドという猟犬の血が入ったミックス犬だろうとのこと。

DSCF7148 - 子わんこ

抱っこするとすごい力で指に吸い付きます。

DSCF7106 - 子犬

まだまだお母さんが恋しいよね…

DSCF7145 - 子わんこ

友人には、子犬の社会化ができるまでの2~3ヶ月間は
兄弟一緒にまとめて面倒を見ていただくことをお願いしまして
それから新しい飼い主さんを探していく予定です。


どうか、元気に育ちますように。。

そして良いご縁に結びつきますよう、皆さんも見守ってください


いのちつないだワンニャン写真コンテスト



 
スポンサーサイト




コメント:
この記事へのコメント:
ときどき拝見しています
はじめまして。
Twitter や FaceBook のリンクを辿ってこちらに来ることが何回かありました。「この人、頑張っているな~」と思っていたのですが、今回「浜おり」の言葉を見てプロフィールを読んだら、「おぉ!、同じようなライフスタイルの人がいた!」とちょっと嬉しくなりました(沖縄移住は、20年前に諦めましたが)。
そしてひめちゃんのことを知り、また似ている!と。我が家にも似たような柄の男の子で(全盲ではないし後天的なものですが)視力がほとんどない猫が我が家にもいました。

どうでもいい話が長くなりましたが、殺処分数が少なくなっても、まだまだ日本に埋める・流す・沈める文化がある限り、根本的な解決になっていないと考えています。

この現実を発信してくださったこと、心より感謝しています。
Twitter、FaceBook でネタにさせていただきます m(_~_)m

そのうちまた、ふらふら~っと寄らせていただきま~す(^.^)/
2014/04/20(日) 09:20:27 | URL | 弓削明久 #j/GnSyjs[ 編集]
Re: 弓削さんへ
はじめまして。
コメントをどうもありがとうございます。

こちら沖縄病が高じて14年前に東京から石垣島へ移住し
島ライフを楽しもうと思っていましたが
気がついたらこんなことをしています…

弓削さんの仰るとおり、殺処分数が減る傍ら
このようなことが日本のあちこちで秘かに行われ
誰にも知られずに小さな命が消えていっているのかと思うと
一体、何からどうすればいいのか頭をかかえています。

できることから少しずつ、しかできなくて。。

どうぞまたいつか寄ってくださいね(^^)丿
2014/04/20(日) 18:15:49 | URL | ayapani #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/25(金) 20:44:13 | | #[ 編集]
fbの親友から飛んできました。
本当に偶然にもホワイトカラーという海外ドラマを観た時に犬を助けてあげるというエンディングから数分後に見て驚きました。
石垣にはこっちの大学に通っていた時に知り合った親友がいます。
自分が生まれてから何度と最後まで見届けたか・・・
今は、やんちゃな犬2頭と妻と暮らしていて、7歳にもなるので次は見届けてからだと思っています。
2頭目を買う時、レスキューの犬も考えました。
でも、買った”犬は家族である”という司法の判例もあります。
いざ、自分が犬を手放さなければいけない状況になった時は、必死で里親を探すと思いますし、兄や姉に頼むかもしれません。
やった人は、自分がやられたらどう思うんでしょう?
里親探し頑張って下さいネ。
2014/04/26(土) 06:10:22 | URL | nakashima #Scvb2jZI[ 編集]
Re: fbの親友から飛んできました。
nakashimaさん、はじめまして。
子犬たちのことにお心を掛けていただきありがとうございます。
保護中の子犬たちは、ただいま健やかに成長しています。
仰るように、最後まで責任を持って飼っていただき
万一の場合は、しっかりと新しい家族を見つけていただきたいです。
nakashimaさん家のわんちゃんも、健やかでありますように。
2014/04/26(土) 07:20:01 | URL | ayapani #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/08(日) 12:30:02 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/03/27(金) 22:57:18 | | #[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: