捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
大型客船が石垣島に寄港
2014-05-14 (水) | 編集 |
*kum*

昨年の新空港開港以来、石垣島への来島観光客が好調で、予想を上回る人々が島を楽しんでくださってるようです。
好調を反映して寄港客船も先日最大のクルーズ船が来たと思ったらもう、それを上回る大きな客船が入港すると聞いて港へ駆けつけました。

11日、寄港したのは
サン・プリンセス号
船籍:バミューダ
全長:261m
全幅:32m
総トン数:77,000t
巡航速度:21ノット(39km/h)
乗員:900人
客室定員:2,022人
建造:1995年

SP右前
特徴的な船首とブリッジ(船橋)
梅雨どきなのにすばらしい快晴
お客さんのためにも別な場所で開かれているわんにゃん譲渡会のためにもよかった!

SP船首
宇宙船のような船首部分
新聞によると、お客さんは日本人が多いそうです

SP斜め後ろ
船尾も特徴的
前は丸く後ろは直線

バミューダの旗は初めて見ました
独立国ではなく「イギリス領バミューダ諸島」だそうでユニオンジャックが入ってます

SP突出ブリッジ
暑いバミューダ籍らしく船客のチェックのためテントが用意されてます
ブリッジ横に張り出した展望台?からの眺めは最高でしょうね
映画「タイタニック」で船首のシーンを思い出します

SP対岸から全身
全景を見るため対岸に行ってみました
甲板から上の構造物が多くて重心が高そう
ちょっと怖い(セウォル号みたいに…)

SPサザンゲートより
サザンゲートブリッジより見たサン・プリンセス号
この角度から見ると特徴がよくわかります
手前の船は石垣島~離島間を結ぶ客船

サン・プリンセスのコースは神戸⇒奄美大島⇒沖縄・那覇⇒石垣島⇒台湾・花蓮⇒神戸らしいです。

次々と巨大客船が入港するので世界最大の客船って、一体どのくらい大きいんだろう、と思って調べてみたら…
なんと、日本の「かぐや姫」が37万トン(サン・プリンセスの4.8倍)、全長500m(同1.9倍)、乗客8,400人(同4.15倍)、これが世界最大なんだそうです。
こんなに大きい船は石垣港の水深が浅くて接岸できないはずで、もし来るなら沖合いに停泊して乗客はボートで上陸するでしょうね。
それ以外にも8,400人が分割でも観光できるかどうかの問題もあるし…来てくれる可能性は少なそう。



 
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: