捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
高齢聴覚障害者の運転免許更新
2015-02-27 (金) | 編集 |
*kum*

kumの運転免許証更新の期限が迫り、白内障手術は右目だけで左は期限に間に合わないけれど、安全運転学校の視力テストに合格してしまったので、急きょ、事前の高齢者講習を受けることになりまして。
高齢者講習は70歳以上のドライバーが免許を更新するときの条件になってるんです。

教習所 DSC04030
講習は自動車学校(島では「ジレン」)でやります
耳が聞こえないことを伝えたら、聴覚障害者の高齢者講習は初めてだから、一人だけ別にやるので※月※※日※時に遅れないで来るようにと
日を逆指定されてしまった
前日、確認の電話までありました

講習室 DSC04635
講習室
右に各種適正テスト機器
講習料5,800円は高い
高齢者割引をお願いします

ビデオ DSC04651
講習ビデオは字幕と手話通訳つき
だから一人だけ別なんですね

ステッカー DSC04637
左が高齢者マーク
中が聴覚障害者マーク
右が高齢者専用駐車場駐車許可マーク
右の二つは島ではほとんど見たことがないです

反射神経テスト? DSC04657
いくつもある適正テストの一つ
反射神経テスト?
青信号でアクセルを踏み
黄で放し
赤でブレーキを踏みます
コンピューターが判定し結果は自動的にプリントアウトされます
教官いわく「人がやると(判定結果に)文句言われるけど機械なら文句も言えない」

実技 DSC04643
最後は教習車でコースに出て実技10~15分ほどの走行テスト
ごく一般的なコースで現役ドライバーにとっては楽勝でした

免許証・蝶マーク P1010693
講習を終わったその足で安全学校へ行って更新手続きをすませました
紆余曲折、バタバタ、アタフタしながらもなんとか更新できました
聴覚障害者の運転免許には2種類あり補聴器条件の場合、蝶マークは要らないんですが
安全学校の人が「自分の身を守るため」と勧めるので買いました
高齢者マークはまだ買ってません

いつもは補聴器のことは言われないのに今回「つけてるか?」と言われたので装着。
帰りに補聴器専門店へ行って本体から先の部分を新しくしました。

手話通訳は公的派遣を申請してもよかったんですが~
たまたまayaが休みを取った日だったのでやってもらいました。

次は4年後です。
75歳になるので今回同様な適正テストに加えて、認知症テストも待ってる~ 




スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: