捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
つんだら家のももちゃん
2015-03-14 (土) | 編集 |
*kum*

にゃんこはわんこに比べると個性がはっきりしてますね~。
わが家で暮らしてる16にゃんずの中でも特異なのがももちゃん。
5歳の女の子ですが唯一、触れず抱っこできず食事時のケージにも入れられない、シャイ過ぎるにゃんこで、ayaさんは「家庭内野良」と呼んでます。

まったりモモ DSCF1244
人だけでなく他のにゃんことも仲よくなれず
食事時、他のにゃんずがケージに入ってる時だけのほっこり顔
他のにゃんずがいる特はこんなにリラックスしません

もも+岩合 DSCF3294
これも他のにゃんずがケージに入ってる時ののびのびした猫らしい行動
テレビは岩合光昭の「世界猫歩き」で日本のどこか

猫団子内のもも P1010940
寒いときはさすがに猫だんごの中に入りますが
右上、遠慮がちで隅っこの方に半分はみ出してます

猫団子外のもも P1010931
別な時、完全にはみ出して外にいます
押し出されたのかも

りりともも P1010960
高齢でおとなしいりりと
口の周りが黒ずんできたら口内炎の薬をご飯に混ぜるタイミングです

普通、口内炎の治療は病院で注射ですが
ももは病院に連れて行けないので特別に飲み薬を処方してもらっています。

薬をご飯に混ぜるのですが、口内炎が悪化すると口が痛くてなかなか食べてくれないので薬を飲ませるのも一苦労です。
ドライフードをお湯で軟らかくしたりレトルト食だけにしたり果てはスープだけにしたり。
苦心惨憺、本人も痛いでしょうがこちらもハラハラで疲れます。

最近の重大ニュース  ayaがももちゃんをなでなでできた 
逃げなかったそうです。
5年たって、やっと慣れてくれたのかな…




スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: