捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
伴走講習会に参加
2015-07-28 (火) | 編集 |
*kum*

毎年恒例の伴ネットやいま(沖縄伴走ネットワーク八重山支部)の伴走講習会が26日朝、バンナ公園で開かれまして。
kumはこれまで4、5年は伴ネット会員としてマラソンを走ってきましたが、視覚障害者との音声によるコミュニケーションができないため、視障者の伴走はやりませんでした。

けどここ1~2年は毎回石垣市と西表島のマラソン大会に、内地から視覚と聴覚に重複して障がいを持つ盲ろう者が参加するようになり、手話でコミュニケーションする伴走者が求められるようになったので、あらためてkumも伴走講習会に申しこんで受講しました。

耳が聞こえないkumには手話通訳が必要ですが、そこは伴ネット会員でマラソン+伴走+手話ができるayaさんが担当。

事務局 DSC08025
事務局から説明
ピンクのビブスが視障者

アイマスク DSC08027
体験の最初はアイマスクをして伴走(歩)者の肩につかまり歩く練習
一周したら交代します
アイマスクと伴歩の両方を体験することが必要

左がayaとkum
kumは聴覚障がいのため軟らかい芝生ではバランスがとりにくく多少恐怖

段差 DSC08035
わずかな段差も立ち止まって知らせます
kumには触る「触手話」で

階段 DSC08038
階段の練習
手すりがあると視障者も安心です

ロープ手本a DSC08041
ロープを使った伴歩の説明
座っているのが参加者、今回若い女性2名と男子高校生3名が参加してくれました

ロープ手本b DSC08044
ロープによる伴歩の手本を示す講師

講習会はあと2回あります。
ayaとkum、がんばって早起きして、伴走できるようにがんば!



スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: