捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
今回の入院のこと その3
2015-09-03 (木) | 編集 |
*ayapani*


入院生活も中盤に入ってきました。
  

四日目(8月22日)

台風15号が近づいているようですが
病院にいると実感ないですね。

この日は、背中に装着されていた硬膜外麻酔のチューブを抜いてもらいました。
そして術後初めてのシャワー(^O^)

傷口の痛みは少しづつ軽くなってきてますが、喉がヒリヒリ痛み、咳き込み出すとなかなか止まらず、同時に強烈な腹痛に襲われてしまいます。
喉の痛みは、術後のトラブルで呼吸チューブを急いで何度も挿管したために、傷ついてしまったからだそう。
でもその処置のお蔭で命が助かったのです
から、やむを得ないですよね。


五日目(8月23日)

前夜は咳と腹痛でほとんど眠れませんでした(>_<)

台風15号最接近の中、 
病棟では新しい命が次々と誕生します。
低気圧が近づくと、お産ラッシュに
なるって初めて知りました(@_@)

夜になると風雨が強まり、一瞬電気が落ちました、が、病院には発電機があるので、最低限の電気は供給され、島の皆さんには申し訳ないですが快適な中で過ごせました。


六日目(8月24日)

台風が過ぎ去り、石垣島に大きな被害をもたらしていった模様。
島のほとんどが停電している中、
病院内ではテレビが見られるので、
他の患者さんたちとテレビに釘付け(☆。☆)

午後には職場の皆さんや友人たちがお見舞いに来てくれて、島の状況を詳しく教えてもらいました。
皆さん、台風の後片付けでとても大変そうで、テレビ見ながらのんびり静養していて申し訳ない_(._.)_

少しづつ食欲が出てきて、睡眠も取れるようになり、歩行器なしで歩けるようになりました。

そろそろ退院できるかな?


七日目(8月25日)

起床直後に採血検査があり、
異常なければ明日退院になりますよ、と言われ期待で胸が膨らみます。

…ところが結果は、肝機能の数値がやや悪く、退院は延期となりました。
たぶん麻酔や薬のせい、と。

テレビを見て、石垣島のあまりの被害状況におののくばかり!
そういえば今まで、いつも停電しちゃってて、こんなリアルなニュースって見たことなかったんですよね。


八日目(8月26日)

午前、kumの外来受診があり付き添う。
同じ病院なので、こんな時は助かりますね。
レントゲンと血液検査の結果、異常なしとのこと。良かったね(^^)/
次回12月にはMRI検査をするそうです。


九日目(8月27日)

起床直後に採血。
結果、数値は正常値になり、明日の退院が決まりました!(^^)!

病棟では相変わらず毎日たくさんの赤ちゃんが誕生しています。
少子化ってどこの国の話?てな位に。

産まれてほやほやの赤ちゃん、すごくかわいい。 

ところで術後の傷口ですが、
おへその下から縦に約20センチ位あり、
テープが貼られた状態で、自然とはがれるまでそのままにしておくそうで。
自然と溶ける糸なので抜糸はしないとのこと。

そして傷口をきれいにするために、
テープははがれたら新しく貼り替え、
3ヶ月位は貼り続けた方が良いそうですよ。


十日目(8月28日) 退院

待ちに待った退院の日(^O^)
何事もなければ、次回の受診は1ヶ月後。

十日振りの外の空気は、とっても蒸し暑い!
少しだけ買い物をして帰宅。
わんにゃんはみんな変わらず元気で
すご~く喜んでくれるのかと思いきや、
普通にお出迎えしてくれましたよ。
kumさん、長いこと一人でお疲れさまでしたm(__)m



以上が入院中の様子でした。

手術中に想定外のことが起きたり、
術後の痛みも辛かったりでなかなか大変な入院生活でしたが、これからはできるだけ健康に過ごしたいものです。

長々とお付き合いくださった方、ありがとうございます。





スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
いつもブログ拝見させて頂いてます。
ayapaniさん、無理はせずわんにゃんのお世話はご主人に委ねてゆっくりゆっくり、ヨンナ〜ヨンナ〜静養されてください。
心からお見舞い申し上げます。
2015/09/03(木) 17:36:12 | URL | ほんわか #-[ 編集]
Re: ほんわか・さんへ
はじめまして。
あたたかいお見舞いコメントを、ありがとうございます。

お蔭さまで今週はゆっくりさせてもらい、体調も回復に向かってます。

無理せずヨンナ~ヨンナ~しますね(*^^*)
2015/09/04(金) 08:23:15 | URL | ayapani #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: