捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
島の発展は観光から
2015-11-06 (金) | 編集 |
*kum*


最近、石垣島が元気です。
いいか悪いか、好きか嫌いかは別にして
北部で林が切り開かれて整地され市街地でビルが建設され内地の大型店舗が続々オープンしています。
人口が増え続けて49,000人を超えました。移住者の中には住民登録をしない人も多いそうで実数はもっと多いはず。

経済が活況でゆるやかな?インフレも進行中。
kumが週一、食料買出しの際にお昼を食べる飲食店が100円値上げして、はて困った。

ターミナル食道 DSC09944
やって来たのは港ターミナル内の食堂
市街地のはずれですがチャンプル~類やポーク玉子定食500円とありがたい存在
港湾作業の人たちのために値段を抑えてあるのかも

壁一面に貼ってあるのはメニューと歴代の寄港クルーズ船の色あせた写真
クルーズ船が着岸するバースにありますが観光客が食べに来ることはないようです
静かで薄暗くてちょっと寂しい(わびしい?)雰囲気
だからBGMは八重山民謡よりも哀調を帯びた演歌が似合いそう

コンテナ DSC09942
窓の外ではコンテナ船が荷を降ろしてました
画面右奥にクルーズ船
左奥にチラッと見える白い船体は尖閣諸島警備に当たる海上保安庁の巡視船

アクエリアス DSC09957
行ってみたら、いつもの「スーパースター・アクエリアス」
台湾からのお客を運んできてくれる、おなじみの船です

観光客 DSC09953
石垣島観光に出かける乗船客
この人達のおかげで島が元気なんです

なぐら DSC09951
海保の巡視船「なぐら」
名前が地元ですね
海保の急ピッチ新造計画が進んで全国からの応援船も徐々に減ってるんでしょう

尖閣警備専従の隊員が200人だそうで、宿舎の建設も予定されてます。
自衛隊も来るし、これも島活性化の一環?




スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: