捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
び~が旅立ちました
2016-03-13 (日) | 編集 |
*ayapani*


昨夜、3月12日21時を少し過ぎた頃
び~は虹の橋を渡ってゆきました。

DSC03649 - び~

9年前に保護した時には、背中に大きな傷を負っており、
それが原因なのかどうかははっきりわからなかったのですが
てんかん発作を年に数回起こすこともあり、心配の種が絶えない猫でした。

DSC03678 - び~

それでも普段は他の猫たちと変わらず普通に元気に暮らしていました。

最近はとっても甘えん坊になり
ソファーに腰掛けると、すぐに膝の上に乗ってきて
わたしのあごや頬におでこをすり寄せて、ゴロゴロと甘えてばかりいました。


昨年秋頃より、てんかん以外にも体調不良になることが出始め
時々、病院へ通っていました。

詳しく検査もしていただきましたが、猫エイズや白血病なども陰性、
はっきりとした原因がわからず
体重が落ちてしまったまま、なかなか元には戻りません…

それでも前日までは普通にしていたのに
昨朝、ご飯を口にしなくなったので、一日様子を見て翌日も食べられないようであれば
病院へ行ってみようね、と相談していた矢先に
昨夜、急に呼吸状態がおかしくなり、苦しそうに腕で宙をかくようにあえぎ、
そして、あっという間に逝ってしまいました。

び~の瞳

もう少し、何かしてあげられることがあったんじゃないかと
残念な思いで胸が締め付けられます。

最期は二人で側に寄り添ってあげられたことだけが救いです。



び~、どうか安らかに眠ってくださいね。





スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
家族がなくなったと同じでさみしい気持ちですね。
だけど、もっと何かしてあげられたのではないかと思う気持ちが
亡くなった者への最大の、供養とか・・
はっきり覚えていませんが
観光でいった琵琶湖の石山寺?にあったような記憶が。
びーちゃんは満足だと思います。

お疲れになられたこととお察しします。
ここからも、今夜、お祈りいたします。
2016/03/13(日) 19:51:59 | URL |  アンナのママ #-[ 編集]
Re: アンナのママさんへ
いつもやさしく温かく見守ってくださり
ありがとうございました。
アンナのママさんのお言葉で、重たく沈んでいた心が、少し軽くなりました。
び~も、もう苦しむこともなく楽になっていると思います。
2016/03/14(月) 06:56:27 | URL | ayapani #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: