捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
りり 虹の橋へ
2016-05-21 (土) | 編集 |
*kum*

わが家で最長老のにゃんこ、リリが昨20日午前中に虹の橋へ旅立ちました。

DSC04138 - りり
3 か月前、激ヤセする以前のりり
1~2年前あたりから体形や動作に高齢化現象が見られるようになりました

14年前にわが家で最初のにゃんこだった故トラの遊び友だちとしてわが家へやって来ました。
男の子ですが、子猫の時に最初に保護した人が女の子と思ってリリと名づけたのをわが家に来てからもそのまま呼んでいました。

14歳、老化で消化機能が衰えたようで、オムツを始めて二日目、最近の家猫としては早めの旅立ちでした。
kumが最後の旅立ちを見送りました。



スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
淋しくなりましたね。
リリさんの安らかな眠りをお祈りします。

私も犬と猫を何十匹も世話をしてきましたが、犬は18歳前後猫は14歳くらいで大体亡くなりまして今はやっと猫2匹になりました。
ayapaniのお気持ち察します。

2016/05/22(日) 08:41:39 | URL | ReikoJanvier #P87isURU[ 編集]
Re: 淋しくなりましたね。
Reikoさま

お気遣いくださり、ありがとうございます。

りりの最期の頃は、随分痩せてしまいましたが、前日までは普通に食事をしたりお水を飲んだり、膝の上に乗ってきてくれたり、と普段通りの生活を送ることができ、オムツのお世話にはなりましたが、きっとあまり苦しまなかったと思っています。
猫たちの中で、一番長く一緒に暮らした子でしたので、ホントに寂しくなりましたが、他の子達もいるので、こちらもまた普段通りの生活です。

Reikoさまのお家の猫さんたち、お元気でありますように。。。
2016/05/22(日) 09:14:27 | URL | ayapani #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: