捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
島の引越し
2016-08-02 (火) | 編集 |
*kum*

つんだら家の引越しは、島らしいと言えるかどうかわかりませんが~
テレビコマーシャルやドラマなどで見る、引越し屋さんによる「引越し」とは多少違ってました。

引越し先が車で40分ほどの距離ということもあり
業者さんに軽トラックで運んでもらったのは、大きな洋タンスと洗濯機、移設する大型エアコン室内外機1台だけ。
自分の車に積めるものは自分で10回以上に分けて運びました。
あとの家具は、リサイクル買い取りと、残りは粗大ゴミになりました。

ユニットバス DSC07001
中古住宅なので水まわりはほとんど交換
浴室はユニットごと交換

搬送7月9日 DSC07452
こんな感じで野底(旧)と真栄里(新)を通勤しました
わんにゃんのためのバンタイプワゴンがとても役立ちました

粗大ゴミ DSC07492
粗大ゴミの山
わが家だけのために市からトラック1台がやって来ました
中央上はキャットタワー

冷蔵庫搬入 DSC07564
新規購入した冷蔵庫の搬入
キッチンのカウンター開口に上下5センチしか余裕がなく電気屋さんは到着から据えつけ終了まで40分もかけて丁寧に運んでくださいました

段ボール DSC07591
新規購入した家具の段ボールや緩衝材で足の踏み場もないリビング
受信できるテレビはBSだけ

アンテナ工事 DSC07609
地上波テレビアンテナがなかったので 新たに工事
お隣さんとの距離が近くていかにも市街地です

わんにゃん引越し DSC07529
引越し当日、落ち着かないわんにゃんたち
ももちゃんだけベッドでayaさんの車の助手席
移動中に息を引き取りました

とにもかくにも、引越しまして。
kumは引越し後も野底に通勤して片づけとゴミ出し
昨日やっと野底の家の部屋の中が空になりました。
まだ、物置が残ってますのであと数回は通います。

以上、引越し業者さんにすべて運んでもらう方法と多少違う方法でした。
手間はかかりますがこの方が自分のペースで進められるのでよかったと思ってます。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: