捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
奇跡の回復猫・ミラ
2011-07-28 (木) | 編集 |
 ☆ 『ミラ』の里親さん募集中 ☆

*kum*

ミラアップ

4月16日(土)石垣島トライアスロン大会前日の夜、街中の歩道に倒れていました。
小便を垂れ流し、はいつくばった姿勢でにじりながら必死にどこかへ逃げようとしていました。
動物病院へ連れて行ったらお医者さんは一目見て「エイズだ」、聴診器を当てて「呼吸器を冒す菌にも感染している」と。時々転げ回るようなひどい咳をします。「前歯がないから若くはない」とも言ってました。
注射と点滴をしてもらい、家に連れてきました。
エイズですから我が家の他の猫と一緒にはできずガレージにケージを置いて入れました。
固形食も練り状の離乳食も食べないので赤ちゃん用ミルクを注射器に入れて飲ませました。
注射器のミルクも嫌がってなかなか口を開けないので、一度に少量しか飲めません。毎日、3回飲ませました。別に病院で処方されたシロップ状の薬も一日一回。
前足で上半身を起こせるようになり、ケージ内を自力で移動できるようになりました。よく見ると右目の下に傷があり右目は見えてないようです。排泄はまったくないようでした。
エイズの末期症状なのだろうと思い、少しでも快適に過ごせるようにと毎日世話を続けました。
すると、だんだん動き回るようになり、排泄も徐々にありました。咳はありません。
しかし下半身は不自由らしく、CP(脳性マヒ)のような不随意の動きもあり、ちょっとしたことでひっくり返ってしまいます。平衡機能にも障害がありそうです。後ろ足の肉球が片方やや未発達なので足は生まれつきでしょう。

ミラケージ内
一か月ほどたったある日、水を飲むような行動をしたので離乳食を入れたら2、3日後に猛然と食べ始めました。
以後はミルクをやめ、固形食と離乳食を混ぜたものに代えましたが足りない足りない、と催促の連続。一か月食べなかったので空腹なんでしょう。
半死半生の状態から奇跡的に回復しましたがエイズですから部屋に入れて他の猫と一緒にはできません。ガレージに置いたケージのままでした。
かなり元気になりケージから出たいよ、と訴えるのでほんとにエイズかな?と疑問を持ち始め、病院でエイズ検査を受けなくちゃ、と思っていました。
そんな時に台風2号が来る!
できれば部屋に避難させたかったので、あわててエイズ検査を受けました。たまたま最初に持ち込んだ病院が休診日だったので他の病院でしたが検査だけで4,200円!
結果は予想通り陰性、エイズではありませんでした。
晴れてケージごと家の中に入れて台風も無事通過。以後、我が家の一員として暮らしています。

ミラ全身寝姿
顔が小さい八頭身美人、お医者さんは「若くはない」と言ってましたが体が小さくまだ子猫だろうと思います。

なぜ、半死半生の状態で倒れていたのか?目の傷は?どうやら車にぶつけられて、歩道に放置されたのじゃないかと思います。
前歯がないのはぶつけられた時に折れたのじゃないかと思ってます。
右目は完全に回復したように見えますが、どこを見ているのかわからないような面もあり斜視かもしれません。

後ろ足が不自由で平らな床は普通に歩きますが、ジャンプはできないというかやらないので高いところには登りません。
しかし前足を使ってソファに上がることを覚えてからはそこがお気に入りの居場所になりました。
階段も左右前足をそろえてから次に進む方法で上り下りできるようになりました。
人のご飯の時、椅子に登ってから人の衣服をハシゴ代わりにして食堂テーブルに上がれるようになりました。けど下りられません。椅子伝いに下りられるよう、現在リハビリ中です。

ミラこっち見
とても人になれています。ソファでテレビを見ていると上がってきてキスするんですよ!可愛がられていたことがわかります。それがどうして…?

とても優しい性格です。人には慣れているけれど猫には慣れていないようです。最近他の猫にいじめられるようになってきました。
年齢不詳のたぶん若い女の子、不妊手術はまだです。

この子の里親さんになっていただける方を募集します。
お問い合わせは、サイドバーのメールフォームにお願いしますm(_ _)m


スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: