捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
赤ちゃん猫・まる子
2013-05-02 (木) | 編集 |
*kum*

赤ちゃん猫・まる子は昨朝5月1日朝7時45分、虹の橋へ旅立ちました。

朝5時30分に見た時から旅立ちの兆候がわかりましたのでayaを起こしました。
体温が下がっていたので温かくしました。
少しして口で呼吸をはじめ、7時45分にそれが止まりました。

旅立ち
7時45分、旅立った時の寝顔
安らかでした

4月15日に浜でたった一人箱の中で泣いていたのを保護してから16日、2週間と2日。
産まれてから推定5週間、35日ほどの命でした。

保護された日
4月15日、保護した日
推定生後3週間、体重185g

まる子とリリ
わが家へ来た当初はお母さんのおっぱいを探してばかり
右はリリ、わが家で最年長のおじさん9歳

まる子昼休み
まともなウンチが出たのは最初の4月19日だけで、あとはずっと下痢してました
下痢しながらも元気でした
この写真は4月22日

まる子足揚げ
4月26日
後ろ足を揚げる珍しいポーズは、たぶん後ろ足の裏が自分のおしっこで常時ぬれていたので乾かそうとしたんじゃないかな

お医者さんによれば生まれつき胃腸が弱いとのことで一日に6回はペットシートを替える日々でした。
(ご支援でいただいたシートがあってたいへん助かりました。)
ayaがお尻を拭こうとすると血が出るほど噛みつかれたので、触ると痛かったんでしょう。
誰よりもたいへんだったのはまる子本人だったと思います。

最大270gまで増えた体重が食欲の減退とともにだんだん減り、旅立った時は190gでやせ細っていました。

昨年、まる子と同年代の赤ちゃん猫を3匹虹の橋へ送り出したので赤ちゃんは今回で4匹めです。
庭に埋葬しお線香をあげました。

わが家へ来てからお母さんも同年代の遊び相手も居なくて寂しかったと思いますが、今頃は虹の橋のたもとでわが家から先に逝った3匹と遊んでいると思いたいです。



 
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
あっすみませんでした(T^T)
では伺わせて頂くとき電話します!!
わざわざありがとうございました(*´-`)
2013/05/02(木) 20:29:13 | URL | 庄司 #-[ 編集]
Re: 庄司さんへ
せっかく頂いたコメントをごめんなさいね。
一部修正して以下に掲載しますね、ありがとうございました。

******************************************************
先日頂いたメールに直接返信したのですがみれましたか?(*´-`)
まるこ、ホントに愛されて最期を温かい所でむかえれてよかったです。
わたし自信のFacebookにまるこをひろってきたときからUPしててまるこを見たこともないみんなが涙とまらないよってまるこの死をたくさん悲しんでくれました。
短い短い命をまるこのしらないところでたくさん応援してくれてるひとがいたのも、まるこが虹の橋渡ってからも元気にはしりまわってるよってみんなから温かい言葉も頂きました!!
もしよかったら、まるこのお墓参りさせてください。
ホントに○○さんたちにお世話してもらえて幸せだったとおもいます。

2013/05/02(木) 20:43:20 | URL | ayapani #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: