fc2ブログ
保護わんにゃんとの生活を軸に、石垣島の暮らしをつづります。
*kum*

わが家のにゃんこたちに口内炎が流行?して、二日連続の病院通いとなりました。
口内炎は今に始まったことではなく以前からですが、季節が夏と梅雨の相乗作用で一斉に開花?したみたいです。
兆候はご飯を食べる時に痛そうだったり時間がかかったり。食べなくなったら即、病院ですね。

まずは5日にさくらちゃん。

さくら唾液よごれ
口の周りが唾液というよりよだれで汚れています
もう何回目かの注射をしてもらいました

同じ日の2番手はチャ~

チャ~注射
さくらと同じく背中に注射

翌6日は朝から大変!大捕物
触れないアンタッチャブル猫・ももの口内炎が一番大変そうなのに、前日捕まえられなくて翌日=6日、朝食に精神安定剤を入れて足がふらつきよろける状態を夫婦二人、追いかけ回して挟みうちにしてバスタオルをかぶせ、革手袋してやっとこさネットに。

もも診察
ネットのまま口を診察
口の中が黒っぽい
やはり相当重症のようです

もも注射
ネットのまま注射
観念したのか、薬の作用かおとなしい

もう一人、あの元気印の赤ちゃん猫・テンがミルクも離乳食も摂らなくなってしまったので

テン検温
検温中

テン薬
風邪薬を目と鼻から投薬

さくらとチャ~はまずまずなので普通食、ももは今後しばらくウエットフードだけあげることになりました。

…これを製作中、び~がカウンターから転げ落ちて、てんかんの発作。
前回から短すぎる!
間隔が狭まった?のなら病院行きになりますね~。

病院通いと食事時の投薬で忙しくて~人は病気するヒマもありません。



 
スポンサーサイト




【2013/06/07 16:36】 | 犬猫の病気
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック