捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
沖縄県障害者スポーツ大会2013 (上)
2013-09-17 (火) | 編集 |
*kum*

9月15日、第49回沖縄県身体障害者スポーツ大会が沖縄本島・沖縄市の県営陸上競技場で開かれ、kumも八重山郡選手団の一員として参加してきました。

搭乗前車いす乗換
大会前日
飛行機に搭乗する前、一般乗客に先立って機内専用車いすに乗り換える障害者たち
機内通路は極端に狭いので仕方ないとはいえ、おたがい一苦労です
写真中央が機内用で車輪が座面より外側に出ていないのがわかります

テイクオフ
テイク オフ!
先日のayaと同じく、kumも新空港初体験

那覇空港ロビー
那覇空港にて
自分で荷物を持てない障害者も多いので障害者と同数の介助者がつきます
聴覚障害者の場合は手話ボランティアがつきます

映画館券売場
早めに那覇に到着、kumは自由時間に手話ボランティアさん同行で映画館に駆けつけましたが…
見たかった「風立ちぬ」は字幕なしのみ上映
東京などでは字幕なしと字幕つきを交互に上映しているので残念・断念 
写真はチケット売り場

競技場到着
翌大会当日、貸し切りバスで会場に到着
右中央は分解した競技用車いす

開会式PNRM
開会式全景
ちょっと寂しい光景

開会式八重山選手団
黄緑色が八重山(郡)選手団
これも寂しい
左の黄色は宮古島市
もっと寂しい

飛ばされたテント
競技開始前強風で飛ばされ倒れたテントが複数
軽いけが人も出ました

砲丸投げ
結局フィールド競技は快晴の下、待機テントなしで決行
写真は上肢障害クラスの砲丸投げ
競技運営はスポーツ団体、計測とか記録などは専門学校生徒さんたちのボランティアです

車いす100m
一般車いす100m競走
右から2番目の人は後ろ向きで走ってます
障害は千差万別なので人によって走りやすい方法が違います
この人は片足で蹴って進んでいるようです

レーサー車いす
競技用レーサー車いすクラス100m(小熊徹平氏撮影)
手前は八重山の選手で他県の大会にも参加して走っているようです

ビーンバッグ投げ
ビーンバッグ投げ
写真の緑色の袋を投げて距離を競います
こんなおしゃれな車いすも時々います
男性ならシャコタン車いす?…はいません

視障者伴走
視覚障害者クラスの1500m走 (小熊徹平氏撮影)

慰労会
夜は八重山だけで慰労会
右の乾杯してる人は石垣市障がい福祉課長、M.T.氏

移動に困難がある障害者の団体なので大会参加は2泊3日、余裕の日程です。
3日めについては後日報告します。


スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: