捨てられた猫や犬の保護や里親さん探しの活動を中心に、南の島での暮らしを綴ります。
クリの遠足
2018-01-20 (土) | 編集 |
今朝の島の新聞に緋寒桜が咲いた と書いてありまして、しかも今日は晴れ
クリも誘って花見散歩へ。

クリの遠足-a DSC09601
クリは車が好きみたい
乗るといつもうれしそうです

クリの遠足-b P1170511
バンナ公園に着きました

クリの遠足-e P1170540
桜はどこかな?

クリの遠足-c P1170522
やっと一本、、まだ満開前だね~

クリの遠足-f P1170547
来るのが早すぎたようです

クリの遠足-g P1170537
今日も暖かいんですけど…

クリの遠足-d P1170528
外国人旅行者がセグウエイを楽しんでました

クリの遠足-h P1170568
ビーフジャーキーでおやつ
なぜか水は飲みませんでした

桜はまだ早すぎたようですが
久しぶりに晴れて気温も22℃と暖かく、わんこも人もいい気分転換になった…と、思います。

わんこ年のクリ
2018-01-09 (火) | 編集 |
今年は戌年で、クリの年ですね~
クリも成犬でつんだら家に来てから11年になりますから、12才かそれ以上になります。
少しずつ、老化の兆しが見えてきましたがまだまだ元気いっぱい

戌-a DSC00379
お正月の間、しばしばayaさんと散歩
平衡感覚障害があって凸凹道が苦手なkumが最近あまり磯へ行かないのでクリはうれしそう

戌-c DSC00383
あけましておめでとうございます

戌-b DSC00387
今朝の散歩です
クリの口の周りが白っぽくなってきました
冬至を2週間過ぎても朝はまだ真っ暗、街路灯がない場所はヘッドライト点けて歩いてます
ほとんど、人に会いません
アパートやマンションの外廊下の照明が何かほっとします

今日の石垣島の予想最高気温は17℃、たぶんこの冬最低で、東京と同じ

ポストまで散歩
2018-01-05 (金) | 編集 |
お正月といえば年賀状。
昨年末に大慌てで投函した分では足りず、お正月になってからも出します。
郵便ポストが家から散歩に手ごろな距離なので、クリとayaさんと3人で散歩がてらの投函。

投函散歩-a DSC00299
クリはほとんど、地面の臭いを嗅ぎながら歩きます
あんまりかっこよくないんでやめてほしいんですが…

投函散歩-b DSC00300
クリが万一、脱走した時に迷子にならないよう、周辺の道を覚えてほしいんですが…
クリにその気はなさそう

5日の今日の天気は雨。
クリを家の中に入れました。

なので、中国のお正月がいつまでなのか、分からずじまい。
中国さん、お正月が終わってもPM2.5を出さないでください。

わんちゃん年あけましておめでとうございます
2018-01-01 (月) | 編集 |
わんちゃん年あけましておめでとうございます

今日の八重山毎日新聞は2ページ見開きで島のわんちゃん事情が載っておりまして。

戌年元旦-e P1160923
左ページは石垣島しっぽの会の紹介です
その右上にご注目

戌年元旦-a P1160925-a
車いすで島の人気犬「まお」ちゃんが紹介されております
まおちゃんはつんだら家を通して譲渡しました

戌年元旦-c DSCF7601
車の事故にあって生死の境をさまよいましたが病院の努力で奇跡的に回復
下半身まひとなって犬親さんがこのようにハンモック状態で散歩していました(2013年)

戌年元旦-b DSC01300
内地のペット用車いすを紹介し、購入
現在何代目かだそうでこれは最初期のもの
散歩に来た南ぬ島公園で、犬親さんが手で水を飲ませています

昨日も偶然散歩中のまおちゃんに会いましたが元気に歩いていました。

戌年元旦-d P1160923
新聞右ページはペットサロンと動物病院の紹介です
右のペットサロン「リッチ石垣島」は、先月つんだら夫婦が東京旅行した際にわんにゃんの訪問ペットシッターをお願いしたお店です
これがなかったら旅行は実現できませんでした
何年ぶりかで夫婦そろっての旅行ができたのは「リッチ」さんのおかげです。
左のたまよせ動物病院は設立時からのおつき合いで昨年末にもにゃんこの診察をお願いしたばかりです

戌年ということでわんちゃんの話題でした。
猫年がなくて不公平ですが今年もわんにゃんをよろしくお願いします。

1月7日、しっぽの会譲渡会です。

あっ、今年の初日の出は、チラッとも見えませんでした。
近年曇りばかりでも毎年チラッとは見えたのに、今年はまったく気配さえも見えず、何やら陰気な新年のスタートでした。

ある日の散歩
2017-12-28 (木) | 編集 |
ある日、ayaさんがクリの散歩に参加。

散歩-a DSC00205
歩き慣れた街を先導するクリと歩くayaさん

散歩-b DSC00206
いつものkumよりはっきりとうれしそうなクリ

散歩-c DSC00210
クリのカレシの家にやって来ました

カレシの犬親さんが出てきたのでayaさんがカレシの名前を聞きましたが名前はないとのことでした。
なので、今後も「カレシ」ですね~。
クリはayaさんが来てうれしさのあまり、散歩中に〇〇〇するのを忘れてしまいました。
それはそれで、よかったのかも…。

クリは今日も元気です。

わんこと庭で過ごすベンチ
2017-12-26 (火) | 編集 |
ある日、宅配便の配達さんが
「大きいですよ」と言って届けてくれたのが…

ベンチ-a DSC06339
確かに大きい
名前が「エデン」

ベンチ-b DSC06402
ayaさんが庭に置くベンチ買ったと言ってたので、木製だったら腐食が心配でしたが
中から出てきたのは肉厚で丈夫そうなプラスチックのパーツ

ベンチ-c DSC06403
早速組み立て
パーツの精度が悪く、思うように組めない
どこ製?と聞くと、中東の某産油国だそう
通信販売で買ったものとしては初めての国でしょう
経済のグローバリゼーションを実感しました

ベンチ-d DSC06409
完成
こんな感じでクリと過ごすためのベンチだそうです
座面の下は収納になってて、園芸用品とか水をまくホースなどを収容してます

このベンチに座ればジェームス・ディーンとエデンにいる気分になれるかな

チャロン沈黙の帰宅
2017-12-20 (水) | 編集 |
17日未明に虹の橋へ旅立ち、すぐ那覇へ送ったチャロンが、昨19日、帰宅しました。

チャロン2017-12 DSC0019-a
帰宅したチャロンです

あらためてチャロンのこれまでを振り返ってみました。

チャロン2013-02 DSC01472
2013年2月、老人施設で暮らしていた頃のチャロン、10才
彼は2011年頃、この施設へ流れ着いたそうです、当時8才だったはず
ここでおじ~、おば~や職員さんたちに可愛がられていました
この頃すでに歯は1本しか残っておらず、目は白濁が始まってました

チャロン2013-12 DSC04096
2013年12月、野底のつんだら家へやって来た頃のチャロン
Hさんのご好意でトリミングしてもらいました

チャロン2014-02 DSCF4848-a
2014年2月、病院の診察台上のチャロン、11才
フィラリアと外耳炎その他、結構病院通いは多かった
目はほぼ真っ白、歯は全部抜け、見た目15才くらい、と

チャロン2015-11 DSC01618
2015年11月、野底の浜を散歩するチャロン、12才
写真で見ると目と歯だけでなく全体に老化が進行してるようです

早すぎる老化はやはり栄養失調が原因でしょうね。
(犬種によっても違うと思いますがクリは現在推定12才かそれ以上、歯は全部生えそろってます)
それでもチャロンはよく頑張ったと思います。
このような子を一日でも早く、なくしたいです。

クリも衣替え
2017-12-07 (木) | 編集 |
暖房や防寒着が必要になった南国です。
半袖・ショートパンツは全部洗濯しました。
わんこのクリも夏毛を冬毛に衣替え始めたようです。

衣替え DSC00104
腰のあたり、霜降り風に白っぽい毛が夏毛かな?
自然に抜けて落ちます

当ブログは明日からちょっとお休みをいただきます。
数日羽をのばしますので、よろしくお願いします。

高齢犬チャロンその後
2017-11-25 (土) | 編集 |
首が右を向く高齢犬チャロンは、

その後チャロン-b DSC06261
お医者さんに勧められた認知症を緩和する「犬用栄養補助食品・メイベットDC」をしばらくご飯にふりかけまして
治療する薬ではないんですが(あったらkumが飲みたい

その後チャロン-a DSC06392
右向きは治らないもののご飯は曲がりなりにも自力で完食できるようになりまして
食欲は相変わらずで、排せつもずっと調子よく(シーツの交換一日3~4回)元気といえば元気でおります

尻尾はほぼ全部毛が抜けまして
足も顔もかなり…
ただ耳血腫で耳全体が黒いカサブタみたいに壊死?状態になって垂れていたのが
最近生気が戻って来た?ように見えます!
いただいた栄養食品やサプリメントの効果もあったかもしれません。

チャロンなりにがんばっております。

高齢犬でも学習
2017-11-11 (土) | 編集 |
つんだら家の高齢犬チャロンは、昨朝に続き、昨夕・今朝と快調?にご飯を完食。

学習チャロン DSC06183
ご飯粒の散らかしもほとんどなく
どうやら右向きでも完食する方法を発明したようです

ご飯の時間はケージの清掃、にゃんことの鬼ごっこ、にゃんことわんこのご飯に続き、クリの散歩があるので(ほっておくと吠えるので)ゆっくり観察してられないんで今度注意して見ます。

チャロンは高齢でもあり、器用でもないのでご飯を半月状に残してしまう問題は、お世話係の方で解決するしかないと思ってましたが~ よかったです。